アロマテラピーで使う精油とは何?芳香植物からの抽出方法は3種類?


Sponsored Link

こんにちは!

管理人のえっこです。

 

アロマテラピーで使用する「精油」

皆さん何となくは知っていても、正しく知っていますか?

今回は「精油」について調べてみたいと思います。

 

精油とは?

アロマ1

引用元:s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

 

植物から抽出されたエッセンスのことです。

植物花やつぼみ、枝葉、果皮、樹皮などの揮発性芳香成分を

特別な方法で抽出したエッセンスが「精油」です。

 

原料となる芳香植物は約3000種もありますが、一般に

使われているのはたった200種類ほどのようです。

 

芳香植物を大量に使って精油を抽出しますが、作られる量は

ほんの少しです。

 

例えば1000kgものラベンダーから採れる真正ラベンダー精油は

10~30kg、同じ量のローズからは100~300gと更に

少量しか取れません。

 

かなり貴重なものなんですね。

 

アロマオイルとエッセンシャルオイルの違いは?

 

Sponsored Link

●アロマオイル

アロマテラピーやスキンケアなどに使われる芳香性の

オイルのこと。

●エッセンシャルオイル

純正な精油のこと

●アロママッサージオイル

エッセンシャルオイルとベースオイルをブレンドしたもの

●ポプリオイル

ポプリ用に合成香料で作ったもの

 

「アロママッサージオイル」や「ポプリオイル」も、

全て「アロマオイル」と呼ばれる事が多いようですが、

ポプリ用は人体に使用できないので十分に注意して

使うようにしましょう!

 

同じ名前の精油でも値段が違うのはなぜ?

 

精油は材料の原産地や抽出方法によって、成分量が

違ってきます。

希少価値のものであれば当然価格は高くなります。

店頭で見た時に、同じ名前の精油なのに値段が違う場合は、

ラベルの原材料や抽出方法を確認しましょう。

 

抽出方法は3種類ある?

 

①水蒸気蒸留法

蒸留釜に原料となる芳香植物を入れ、下から蒸気を通します。

蒸気の熱によって揮発成分が水などとともに蒸気となります。

これを冷却すると上澄みに「精油」

その下には精油を少し含んだ水(芳香蒸留水=フローラルウォーター)

が作られます。

この方法が、現在最も広く使われている抽出方法です。

 

②溶剤抽出法(アブソリュート)

有機溶剤(アルコール)に原料の芳香植物を浸し、これを

低い温度で揮発させる方法です。

揮発させた後に軟膏状の固形物が残ります。

そこに再びアルコールを加えて溶かし、更に揮発させて

精油を作ります。

ローズやジャスミン、ネロりなど、熱に弱い花の香りを

抽出するのに使われる方法です。

この方法で作られた精油は「アブソリュート」

呼ばれます。

 

③圧搾法

レモン、オレンジなど柑橘類の果皮を器具で押しつぶし

精油を作ります。

このやり方で作られた精油は「エッセンス」といい

「エッセンシャルオイル」とは違いますが、一般に

広く精油として使われます。

 

引用元:いちばん最初のアロマテラピー

 

まとめ

 

「精油」といっても色々な抽出方法があるんですね。

アロマテラピーという言葉だけは知っていましたが、

精油がなんなのかとか全く知らなかったので

今回勉強になりました。

みなさんも精油を買う時に、ラベルをよく

読んでから購入してくださいね。

【こちらの記事もどうぞ】

アロマテラピーって何?香りの働くメカニズムとは?

車の中でも会社でも加湿したい時におススメ!コンパクトな加湿空気清浄機・アロマディフューザーは?

Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す