精油の正しい買い方や選び方は?香りは7種類ある?


Sponsored Link

こんにちは!

管理人のえっこです。

 

専門店で買うのが一番いいとは思いますが、

最近は専門店以外でも精油は販売されていますし、

値段もお手頃になっています。

品質のよい精油を見分けるためのチェックポイントを

知ったうえで選びましょう。

今回はその選び方のポイントなどを紹介したいと

思います。

 

精油の正しい買い方は?

天然の精油を選びましょう

何よりも大切なのは、植物から抽出されているもの。

薄めたり混ぜたりされていない「天然の精油」を

選ぶことです。

ビンのラベルに精油名、学名、原産地、抽出部位、

抽出方法などが記載されているか確認します。

「ポプリオイル」などと記載されているものは

精油ではないので注意しましょう!

 

精油が入っているビンが遮光性の色つきガラスビン

であるかも確認。

ビンの口に1滴ずつ落とせるドロッパーがついているもの、

一度フタを開けたことがわかる密閉タイプ、

小さな子供が間違って開けてしまわないように

セイフティーキャップが使われているものもおススメです。

 

ショップ選びも大切

初心者こそ専門店で購入する事をおススメします。

アロマテラピーの効果をきちんと得るためには、

品質が高い精油を選ぶことが大切です。

専門店であれば、疑問に答えてもらったり、

目的にあった精油を一緒に探してもらったりする

こともできます。

 

精油の正しい選び方4ステップ

Sponsored Link

①まず好きな香りを選ぶ

目的の精油があったとしても、色々な香りを

嗅いでみましょう。

鼻から少し離れたところにビンを持ち、

フタを開けて軽く左右に動かし、香りを

空中に拡散させます。

ビンに鼻が近すぎると、濃厚すぎて本来の

香りがわからなくなります。

その時に「この香り好きだな」と思う精油こそ、

今のあなたの体や心が求めているもの。

ただし、一度にたくさんの種類を嗅ぐと香りを

感じる嗅覚が鈍るので、香りを嗅ぐのは一度に

3~5種類までにしましょう。

 

②慣れてきたら2~3種類を使い分ける

精油には品質保持期間があるので、一度に

たくさん買うよりも2~3種類ずつ揃えましょう。

最初の1本目に慣れたら、他の香りを試してみましょう。

リラックスしたい、リフレッシュしたい、不快な

症状が現れた時など、体の症状やシュチュエーションに

合わせた精油を買い足して使い分けていきます。

それぞれの精油の効果(心・体・肌への働き)を

おおまかでいいので頭にいれておくと、より

使いやすいでしょう。

 

③精油をブレンドしてみる

自分の状況にあわせて気に入った精油を使い分ける

事ができるようになったら、精油をブレンドして

オリジナルの香りを作ってみましょう。

 

④芳香成分を理解して精油を活用する

もっと深く精油を楽しみたい人には、効果を理解

する為に芳香成分そのものの知識を持つことを

おススメします。

例えば肌の炎症を静めたいという目的があるときは

抗炎症作用を持っている芳香成分を探して、

その成分が含まれている精油で皮膚の刺激が

強くないものを選ぶようにします。

最初は難しいかもしれませんが、性質を理解

すれば、もっと楽しみは広がります。

 

精油の7つの香りは?

561d5ed699689e552a371ee7c2336172_s1

引用元:www.photo-ac.com/

 

 

①柑橘系線

柑橘系せ果物や、果物に

似た香りがする

ハーブから採った精油が

この仲間。

誰にでも愛されリフレッシュ

が高い系統です。

・オレンジスイート、

 レモン、

 グレープフルーツ、

 ベルガモットなど

②ハーブ系

香草の花や葉から抽出された、

すっきりと落ち着いた香り。

気持ちをやわらげたり元気を

出したりと、リフレッシュ

効果が高い系統です。

・ペパーミント、

 ローズマリー、

 クラリセージ、

 マジョラムスイートなど

③フローラル系

主に花から抽出した香りで、

名前のとおり甘く華やかな

香りです。

ローズやネロりなど、

高価でも多くの女性から

愛される精油が多い

のも特徴。

・ラベンダー、ローズ、

 ネロリ、ジャスミン、

 ゼラニウム、

 カモミールローマンなど

④オリエンタル系

エキゾチックで異国情緒

あふれる香り。

鎮静や抗うつなどに効果の

高い系統ですが、個性が

強いので初心者はブレンドに

使うほうが無難です。

・イランイラン、

 サンダルウッド、

 パチュリーなど

 

⑤樹木系

樹木の樹皮や枝、葉などから抽出した

香り。

森の中にいるようなスーッとした

爽やかな香りの系統で気分が

すがすがしくなり心が癒されます。

・ティトリー、サイブレス、

 ユーカリ、

 ジュニパーベリーなど

⑥スパイス系

料理に使われる香辛料でおなじみの、名前のとおり

スパイシーな香り。

体を温めたり元気がでますが、刺激が強いので

注意が必要。

中・上級者向け

・シナモンリーフ、ジンジャー、

 ブラックペーパーなど

⑦樹脂系

香木の樹脂を抽出した精油の仲間。

心癒される香りを持ち、風邪や皮膚病

など体や肌へ働く精油が多いです。

中・上級者向け

・フランキンセンスなど

 

引用元:いちばん最初のアロマテラピー

まとめ

何を買ったらいいのか分からない人は、まずは自分の

好みの香りを手にしてみて下さい。

慣れてきたら徐々にブレンドしたりすると楽しみも

増えますよね~

部屋が自分の好きな香りなだけでも元気になれそう

です!

自分の好みの物を、是非探してみてはいかがでしょうか?

【こちらの記事もどうぞ】

 アロマテラピーで使う精油とは何?芳香植物からの抽出方法は3種類?

アロマテラピーって何?香りの働くメカニズムとは?

Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す