体臭は何種類ある?あなたのニオイはどれに当てはまる?


Sponsored Link

 

こんにちは!

管理者のえっこです。

 

体臭といっても原因となるにおいは色々

ありますよね?

汗のにおい?足のにおい?頭のにおい?

どんなにおいがあるんだろう?

気になったので、今回はにおいの種類を

取り上げてみたいと思います。

 

さて、あなたは体臭の種類は何種類あると

思いますか?

 

実は6種類もあるんです!

 

①汗の臭い

 

夏の暑い時期に、一番気になるのが汗の

においですよね。

汗のニオイの原因となるのが皮脂の汚れや

雑菌です。

本来は汗は無臭と言われていますが、

生活習慣の乱れや食生活の乱れなどで脂分の

多い食事をよくとっているような人は、

皮脂腺から油脂成分が多く出るようになり、

悪い汗と混ざって臭いにおいを出すように

なります。

②口臭

Sponsored Link

 

口のニオイって人と話す時に大丈夫かな?と

気になりませんか?

 

人と話していて、相手が顔を背けたり鼻に

手をやったりすると、大丈夫かなぁ?と

心配になってしまいます…

意外と自分のにおいはわからないといいますから、

余計に気を付けないといけませんね。

誰にでも口臭はあります。

 

それが少ないか多いか…。

 

口の中はいつも湿気があるので、食べかすなどで

雑菌がついてにおいを発しやすくなっています。

唾液の抗菌作用で口臭も抑えられていますが、

起きたばかりの時、お腹が空いている時、

緊張した時などには唾液の分泌が減るので、

いつもより口臭が強く感じてしまいます。

他にニオイの強い食べ物(ニンニクやニラなど)を

食べた時の口のニオイもありますが、これは時間が

経てばおさまります。

問題は、病気が原因の口臭もあるという事です。

  • 耳鼻科系の病気…扁桃炎、アデノイド、蓄膿症など
  • 口の病気…虫歯、口内炎、歯周病など
  • 胃腸の病気…胃炎や胃拡張など
    (胃が悪くなると下に白いコケと言われるものができたりします。その苔を歯磨きのついでに歯ブラシでこするだけでもニオイは軽くなります。)
  • 呼吸器系の病気…慢性気管支炎など

 

 

あとは糖尿病や肝臓病、ガンなどが原因の事も

あるそうです。

 

 

③足の臭い

 

足のにおいというと昔はおじさんというイメージ

でしたが、最近では女性でもブーツをはいたりして

クサイって思う事ありませんか?

足の裏は意外にも人間の身体の中でも汗を

かきやすい場所です。

足の裏には汗腺が発達していて、足の裏だけで

実に1日コップ1杯もの汗をかくといわれています。

本来、足の裏がかく汗はサラサラの汗ですが、

足の裏は角質がはがれやすい上に、汗腺が多くて

汗をかきやすいのに靴を1日中履いていることが多く、

通気性が悪く汗がこもってしまう。

そんな悪条件が揃ってしまって足は臭うんです。

 

足の裏に常在している菌が角質などを栄養として

雑菌が増殖し汗に含まれるアンモニアや尿素と

混じりあう事によってにおいが発生します。

毎日同じ靴を履いてしまうと、足の裏にかいた汗が、

生乾きのまま靴を履き続ける事になります。

 

 

④頭の臭い

 

頭のニオイの原因はズバリ、「フケ」です。

頭のニオイが臭いのも足のにおいと同じような

原因です。

フケは足の裏の角質同じように、古くなると

頭皮の角質が剥がれ落ちてきます。

その剥がれ落ちた角質を栄養分とする細菌が

増殖して、頭にかいた汗と混じりあって臭い

においを発します。

どうすればいいんでしょうか?

フケが減れば、頭のニオイもなくなるって

事ですよね?

フケの原因は主にストレス、生活習慣の乱れ、

睡眠不足です。

フケが出るから綺麗にしなきゃ!とマメに

シャンプーしたりしてしまいがちですが、

シャンプーをし過ぎてしまうと頭にある

常在菌が減ってしまって、逆に雑菌が

繁殖しやすくなってしまうんです!

 

 

⑤加齢臭

 

40代くらいになってくると気になってくるのが

「加齢臭」と言われるにおいですよね…

いわゆる「オヤジ臭」と呼ばれるもの。

 

でも、女性でも出てるって知ってますか?

 

加齢臭の原因物質が「ノネナール」と

呼ばれるもの。

40代を過ぎると男女問わず急増して

くるそうです。

女性よりも男性の方が皮脂量が多いので、

男性のが目立つだけで、女性も気を付け

なければいけませんね。

女性ホルモンで皮脂量が抑えられていますが、

ある程度の年齢になって閉経を迎えると

女性ホルモンよりも男性ホルモンの働きが

活発になり加齢臭を出しやすくなります。

更に、若い頃は体内の抗酸化物質によって

細胞の酸化が抑制されていますが抗酸化物質の、

40代になる頃には働きが弱まって、活性酸素に

よって細胞が酸化しやすくなってしまいます。

それが皮脂の酸化を強めて、加齢臭を強く

出すようになります。

 

⑥ミドル脂臭

 

あまり聞きなれない言葉ですが、「加齢臭」

とは違う30~40代特有のにおい。

どんなにおいなんだろう?と調べてみたら

  • 古い油のような臭い
  • 古いろうそくのような臭い

 

などと表現されています。

何だか、とっても臭そうですね…

 

原因物質は「ジアセチル」という物質で、

加齢臭の原因物質「ノネナール」に比べて

100倍も広がりやすいと言われているそうです。

 

まとめ

 

「体臭」と一言でいっても6種類もあるんですね。

知りませんでした…

人の体臭が気になると、自分も大丈夫だろうか?と

気になってしまいますよね?

睡眠不足やストレスなどの生活習慣が原因で

体臭が臭うようになってしまう。

それなら生活を見直して生活習慣、食習慣を

改善すると体質改善にもなり健康にもよさそうです。

これを機会に、自分の生活習慣を見直してみるのは

いかがですか?

Sponsored Link

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメントを残す