柊鰯(ひいらぎいわし)を臭いのに飾る理由は?節分の意味は?


Sponsored Link

こんにちは!

管理人のえっこです。

 

皆さんは節分に「豆まき」や「恵方巻」を

思い出すのではないのでしょうか?

「柊鰯(ひいらぎいわし)」はやりますか?

子供がいるので豆まきと恵方巻はしますが、

柊鰯は実家では飾っていましたが今は

やらないですね。

あまり見かけなくなったなぁと思います。

なぜ臭いのに飾るんでしょうか?

気になったので調べてみました。

 

節分の意味は?

%e7%af%80%e5%88%861

引用元:www.worldfolksong.com/

 

雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・

立秋・立冬)の前日のこと。

節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。

江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を

指す場合が多い。

立春の前日の節分、およびその日に行われる伝統的な

行事について述べる。

大寒の最後の日であるため、寒さはこの日がピークである。

一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆

(煎り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)

豆を食べる厄除けを行う。

また、邪気除けの柊鰯などを飾る。

これらは、地方や神社などによって異なってくる。

引用元:ja.wikipedia.org/

 

柊鰯(ひいらぎいわし)を飾る理由は?

 

Sponsored Link

 

節分に魔除けとして使われる、柊の小枝と焼いた鰯の頭、

あるいはそれを門口に挿したもの。

 

柊の葉の棘が鬼の目を刺すので門口から鬼が入れず、

また塩鰯を焼く臭気と煙で鬼が近寄らないと言う

(逆に、鰯の臭いで鬼を誘い、柊の葉の棘が鬼の目を

さすとも説明される)。

日本各地に広く見られる。

引用元:ja.wikipedia.org/

 

臭いのにどうして飾るの?と思いましたが、

その臭いにおいと煙で鬼を祓う為なんですね。

 

どうして鰯なの??

%e9%b0%af1

引用元:forest17.com/

 

玄関に焼いた鰯の頭を柊(ひいらぎ)の枝に刺して

飾るだけだと思っていましたが、色々と調べて

いたら食べるんですね。

鰯を焼く時に出る「煙」も魔除けになるようです。

青魚(鰯)は独特な臭みがあります。

焼くとひどい煙と臭いにおいで邪気(鬼)を

祓うとされています。

 

柊鰯を飾る日やはずす日は?

 

お正月のお餅などの飾りは「一夜飾り」は

よくないとされていますよね?

節分の鰯については、そういう事はなく

当日に飾るのが一般的のようです。

「節分の日の翌日」「1年間飾る」「魔除けなので

自然に外れるまでそのまま」などと色々あるようです。

地域によって違うのかもしれません。

 

恵方巻とは?

%e6%81%b5%e6%96%b9%e5%b7%bb1

引用元:www.webtoolnavi.com/

 

縁起のいい七福神にちなんで7種類の具材を

入れた巻きずしです。

節分に恵方を向いて食べると縁起がいいと

言われています。

大阪中心として食べられていたようですが、

今では全国的にスーパーなどで売られるようになり

知られていますよね?

 

元々は「恵方巻」とは言わず、「巻きずし」

「丸かぶり寿司」と呼ばれていた。

それを丸ごと1本願い事を思い浮かべながら

無言で食べるといいと聞きませんか?

なかなか太巻き1本を丸ごと黙って食べるのは

難しいですよね。

まとめ

 

地域によって色々と違うようですね。

日本の昔からの風習、大事にしたいですよね。

やったことがない人も今年はやってみては

いかがでしょうか?

Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す