中国のPM2.5とは何?身体への影響や対策・予防方法は?臭いはあるの?


 

Sponsored Link

 

こんにちは!

管理人のえっこです。

 

中国北京のPM2.5が日本の

環境基準の10倍になったと

NEWSで報道がされましたね。

 

真っ白で見通しが悪い映像は、

ちょっと衝撃的でした…

 

日本人がよくしている不織布の

マスクなどではなく、中には

ガスマスクのようなのをしている

人もいるし、多くは立体の細かい

物も通さないようなしっかりと

したマスクをする人を見ました。

 

それだけ環境状態が悪いという事

なんでしょうね~

 

もっとも酷い赤色警報が出て、

車のナンバーが末尾偶数などの

車両規制をしたり、一部工場で

操業停止するなど緊急措置が

とられる程らしいです。

 

PM2.5って何かとテレビで騒が

れて危険な気がするけど、

そもそもPM2.5って何なのか?

 

分かってる人は少ないのではない

のでしょうか?

 

私もその中の一人。

どう悪いのか気になったので

調べてみました。

 

PM2.5ってなに?

 

PM2.5とは、【微小粒子状物質】

の事です。

 

大気中に浮遊している2.5μm

(1μmは1mmの千分の1)以下の

小さな粒子のことで、従来から

環境基準を定めて対策を進めてきた

浮遊粒子状物質

(SPM:10μm以下の粒子)

よりも小さな粒子です。

pm2-5%e5%a4%a7%e3%81%8d%e3%81%95

引用元:marthanew.com/

 

スギ花粉の大きさが30㎛であり、

その10分の1ということになります。

PM2.5は目に見えない程、非常に

小さな超微粒子なのです。

 

発生する原因は?

Sponsored Link

中国でこれだけPM2.5が酷いと

報道されると、中国だけが原因

のように思ってしまいがちですが、

本当のところはどうなんでしょうか?

 

正直私自身、PM2.5は中国から

くるものだと思っていました。

 

なぜ中国がPM2.5が多いのか?

石炭による暖房が多い

からだそうです。

 

 

でも中国だけが原因なんてない

ですよね?

もちろん中国が原因で、偏西風

の影響によって日本まで飛んで

きているという事も事実のようです。

 

でも、日本だって自分たちが原因で

PM2.5を発生させてしまっている

事もあるんです。

 

引用元:写真AC

 

【主な発生源】

 

人為的

 

固定燃料

 

工場などで使われる燃料

ですね。

 

高度成長期に一気に産業が

盛んになった反面、それに

伴う排気ガスなどが今よりも

規制が緩かった為、問題に

なりました。

 

工場となると、ボイラーや

焼却炉など煙が出るものが

ありますよね。

 

今回の中国のPM.2.5でも

工場が休みになっている所

もあるようです。

 

移動燃料

最近は少なくなってきたディーゼル

車のエンジンから排出される排気

ガスにも多くのPM2.5が含まれて

いるようです。

 

都市などでPM2.5の濃度が高いのは

車の排気ガスが原因ではないかと

言われているようです。

 

今回の北京の件も、都市部に入って

くる車の量を調整する為に車の

ナンバーで末尾が偶数しか走っては

いけないなどの規制が入りましたよね。

 

固定蒸発

 

塗料、印刷インキ、接着剤、洗浄剤

などに多く含まれている揮発性有機

化合物(VOC)

(Volatile Organic Compounds)と

呼ばれるガス状の物質は、大気中で

化学反応を起こしてPM2.5を引き起こし

ます。

 

自然

 

火山の噴火があると、大量の噴煙が

あがりますよね?

その中にもたくさんのPM2.5が含まれ

ているようです。

黄砂の中にも含まれています。

 

PM2.5に「におい」はあるの?

 

はっきりとはわかりませんでしたが、

あまりにも小さな粒子なので、

そのものの匂いはしないと思われます。

 

「空気が鉄の錆びたような臭い」

 

「石炭を燃やしたようなにおいがする」

 

という人もいるようですが、空気中に

たくさん混ざっている多数の物質の

複合的な臭いではないかと考えられます。

 

人体への影響はあるの?

 

PM2.5は非常に小さいため

(髪の毛の太さの1/30程度)、

肺の奥深くまで入りやすく、呼吸器系

への影響に加え、循環器系への影響が

心配されています。

引用元:環境省

 

咳や喘息などの呼吸器系の症状が

現れやすくなり、目や皮膚に入り

かゆみを感じる事もあるようです。

 

花粉症のような症状ですね。

 

対策はどうすればいい?

 

外出を控える

 

これに限りますが、そんな事も言って

られませんよね…

大人や、子供ならマスクをすればいいですが、

赤ちゃんには無理ですよね?

 

濃度が濃い日は不要な外出を避けた方が

無難だと思われます。

 

マスクをする

 

粒子が目に見えないほど大変細かいので、

普通の不織布のマスクではなく、

PM2.5に対応したマスクをするのが

望ましいと思われます。

 

洗濯物は部屋干し

 

洗濯物は太陽の元で乾かしたいと

思いますが、洗濯物についても

見えないですし、ちゃんと掃えた

かもわからないので室内で干す

方が安心できます。

 

窓の開閉もなるべく少なくした

方が賢明です。

 

PM2.5対応の空気清浄機を使う

 

安い物ではないので、個人の考え方次第

ですが、あまりにも気になるようであれば、

PM2.5に対応している空気清浄機も多く

出てきているようなので取り入れてみる

のもいいかもしれませんね。

 

まとめ

 

 

 

小さな粒子だけに臭いは分からない

ようですね。

 

今回は中国の問題でしたが、他人ごと

ではなく世界規模で環境問題に向き

合っていかないと、これからもっと

環境が悪くなり暮らしにくくなって

しまうと思いました。

 

 

ただでさえアレルギーを持った子供が

多くなっている現代。

粒子が小さすぎて肺にまで入ってしまう

と知ると本当に怖いと思います。

皆さんも、他人ごとと思わずに環境問題

のことを考えてみませんか?

Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す