甘酒はお酒臭い?人気女優やモデルも飲んでて飲む美容液や飲む点滴になる?


 

Sponsored Link

こんにちは!

管理人のえっこです。

 

皆さん、「甘酒」はお好きですか?

最近スーパーでもたくさんの種類が

並ぶようになりました。

 

テレビでも道端アンジェリカ、檀れい、

平子理沙、君島十和子など、美肌自慢の

女性たちが愛飲するのが

「甘酒」

NHKのあさイチでも特集されましたね!

 

健康や美肌にいいらしいと聞いて、私も

試した事がありますが、好き嫌いが

分かれる味ですよね…。

 

私は身体にいいと思えば飲めますが、

残念ながら喜んで飲みたいとは

思えませんでした。

 

たまたまテレビで特集を観ていたら、

これならにおいも気にせず飲めそうかも?

と思ったので、今回は「甘酒」を調べてみました。

甘酒には2種類ある?

 

甘酒とひとくくりにしてしまっていますが、

甘酒には2種類あり、味も役割も変わってきます。

 

米麹から作られる甘酒

%e7%b1%b3%e9%ba%b91

引用元:kawashima-ya.backdrop.jp/

 

最近スーパーなどでたくさん扱われるように

なった米麹から作られた甘酒。

米に米麹を加えられて作られています。

 

ノンアルコールで、お子さんやお酒が

苦手な方でも大丈夫です。

 

麹の働きで甘みはありますが糖分は

入っていないのでダイエットの方でも

大丈夫です。

結構甘いので満腹感が得られます。

 

米麹から作られた甘酒を飲むと甘さに

驚きます。

砂糖が入っているのかと思っていましたが、

麹が引きだしたお米の甘みです。

砂糖とは違って深みがあり、さわやかな

甘みです。

 

米麹甘酒は、非常に高い栄養価を含んで

います。

その為、麹甘酒は飲む点滴とも言われ、

夏は夏バテの予防に、冬は風邪の予防など

沢山の効能があります。

 

 

酒粕から作られる甘酒

 

酒粕に砂糖を加えて作られます。

そのためダイエットには不向きです。

アルコールも含まれているので子供や

妊婦さんは飲むことは出来ません。

 

甘酒はお酒じゃない?

 

Sponsored Link

 

甘酒はお酒という文字が入っているので、

アルコールと勘違いしている人も多いのでは

ないのでしょうか?

 

しかし、

「甘酒」はお酒ではないのです。

ではなぜ「酒」の漢字が使われているので

しょう??

 

実は甘酒は麹菌を利用して作る日本の伝統的

な甘味料です。

 

麹菌によってデンプンが分解され、糖化していく

のは日本酒と同じですが、本来の甘酒には

アルコールは含まれていません。

*酒かすから作られる甘酒にはアルコール分が含まれるので注意してください。

 

 

甘酒の美容効果って何にいいの?

 

「麹」の美白効果

 

酒蔵で働く方の手が白くてきめ細かいのは

有名ですよね?

これは甘酒の原料「麹」の効果です。

甘酒には、シミや美白に効果的な麹酸が

豊富に含まれています。

 

保湿効果

 

甘酒に豊富に含まれているビタミンB群には

保湿効果があります。

 

毎日甘酒を飲んでいるという酒蔵の奥さんの

肌が、80代の方でも張りがあってシワが

気になりませんでした!

 

ビックリです!

 

直接肌に塗っても美容効果を期待できる

そうですよ。

 

ダイエット効果

 

栄養価が高く、甘酒に含まれるブドウ糖が

血糖値をすばやく上昇させて、満腹感を

得やすくします。

 

小腹が空いた時、朝食が食べられない時など、

温めた甘酒を飲むだけでも朝食をとらないより

いいです。

 

便秘解消効果

 

甘酒に含まれる食物繊維やオリゴ糖が

腸内環境を整えます。

余分な老廃物がなくり肌荒れ・ニキビの

改善にもつながります。

結果、美肌につながりますね!

 

私は甘酒を飲むようになってから便秘

しらずですよ( *´艸`)

 

疲労回復効果

 

陸上長距離選手の場合でも、毎日甘酒を

飲んだ選手は飲まない選手に比べて

30%も疲労が軽減された

という報告もあります。

育児で睡眠不足などで疲れている

お母さんにもいいのではないでしょうか。

 

どうやって飲むの?

 

冷やして飲んでも温めても飲めますが、

やっぱり飲みにくい!

という方はアレンジして飲むと

飲みやすくなります。

 

道端アンジェリカさんは、寝る前に

小腹が空いたら甘酒+豆乳+ショウガを

混ぜて温めて飲んでいるそうです。

 

生姜で体も温まり、甘みで満腹感も得られるそうです。

甘酒1:豆乳1:生姜小さじ1

で飲むといいようです。

 

肌が気になるだけでなく冷えが気になる

方にも最適な飲み方ではないでしょうか?

 

私自身、甘酒だけで飲むと独特な匂いがして

飲みづらかったですが、甘酒に小さじ1くらいの

生姜を入れて温めたら飲みやすかったです。

 

意外にもおいしいのがほうじ茶+甘酒

だそうですよ!

 

甘酒ドリンクを作るポイント!

●酸味のある果物と合わせる

 

●豆乳や青汁など、飲みにくいものと合わせる

 

●分量は 1:1

アミノ酸やビタミンB群、オリゴ糖を

はじめ、最強のアンチエージング物質

といわれる

「エルゴチオネイン」

が含まれていることも、最新の研究で

明らかになっています。

 

これらは麹菌が作り出す酵素のおかげ。

・しょうが

・ほうじ茶

・豆乳

・青汁

・紅茶

・レモン

・パイナップル

・りんご酢+炭酸水

・トマトジュース

・ブルーベリーヨーグルト

・コーヒー

・牛乳

 

単品では飲みにくい「豆乳」「青汁」

などを始めとして何でも好きなものとあわせて

試してみてください。

 

紅茶に砂糖代わりに甘酒を入れてもおいしい

ようです。

料理にも使える?

%e9%ba%b9%e3%80%80%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b01

引用元:luxa.sslcs.cdngc.net/

 

甘酒を料理に使うと、酵素の働きでデンプンや

たんぱく質が分解され、ハンバーグや

鶏のから揚げなどいつものおかずも大変身!

 

うまみや甘みがUPし、驚くほどふっくら

ジューシーに仕上がります。

 

どんな料理でも砂糖の代わりに甘酒を利用

しても大丈夫。

お肉でもお魚でも甘酒につけてから焼いたり

するとよりおいしく出来上がります。

 

デザートにもなります。

甘酒をフリーザーパックに入れ、切った

フルーツを混ぜて袋の上からフルーツを

軽くつぶし冷凍します。

 

麹の甘みでカチカチに凍らないので、

食べたい分だけ出して食べれば甘酒

シャーベットになります。

 

いつ、どのくらい飲めばいいの?

 

1日150mlくらいを飲むのがいいそうです。

 

では、いつ飲むのがいいのか?

起きた時?食事前?食後?就寝前?

 

悩みますが、

いつ飲んでも大丈夫です!!

 

150mlを何回かに分けて少しずつ飲んでも

いいんです。

これなら続けられそうじゃないですか?

あさイチで紹介!500ml保温ポットで作る簡単甘酒の作り方

【材料】

●もち米2分の1合

 

●水100ミリリットル

 

●乾燥米麹70グ

 

【作り方】

①もち米でおかゆを炊く

 

②炊きあがったら、お釜を取り出し、水100ミリリットルを加え混ぜ温度を

65度ほどに冷ます。

 

③米麹を加えて混ぜる。(温度が60度程度になる)

 

④保温ポットに熱湯を入れ振って全体を温める。

 

⑤保温ポットに(3)を入れフタをして少し緩める。

(発酵するガスを逃がす為、しっかり蓋をしないでください)

 

⑥4時間ほど置く。

 

⑦鍋にあけて弱火で1分ほど混ぜながら温める。(60度ほどになる)

 

⑧もう一度保温ポットに戻し、さらに4時間置いて出来上がり。

 

⑨保存は保存容器にたっぷりといれて冷蔵庫で1週間程度。

ジッパー付き保存袋に入れて冷凍保存で1~2か月程度。

 

まとめ

 

 

 

いかがでしたか?

何だかいい事ばかりある「甘酒」

今まで飲んでいなかったのがもったいない!

と思ってしまいました。

美肌、疲労、便秘、ダイエットなどなど

色々に効果があっていう事なし!

試してみるしかないですね。

今日からみなさんも試してみませんか?

 

Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す