クリスマスディナーに香ばしいローストチキンはいかが?フライパンで作る簡単なレシピを紹介!

%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%81%e3%82%ad%e3%83%b31

 

Sponsored Link

こんにちは!

管理人のえっこです。

クリスマスの夜に何を食べようと考えると

思いつくのは「ローストチキン」では

ないでしょうか?

丸鶏だと買ってくるのも焼くのも大変かもしれませんが、

チキンレッグでも全然雰囲気を味わえます。

■クリスマスにどうしてチキンを食べるの?

 

12月になると、当たり前のようにスーパーの

総菜売り場や精肉売り場でチキンが並びますよね。

総菜の所には、持ち手になる所に飾り付けがされてたり

して、クリスマスにどうぞ的に並んでいます。

アメリカや多くの外国のクリスマスディナーでは

「七面鳥」を食べます。

確かに七面鳥を食べる習慣があるようですが、これは

宗教的な理由がある訳ではないようです。

ではなぜ食べるのか?

1620年にイギリスからアメリカに移住した

ピューリタンの半数は最初の冬を越せずに

亡くなっています。

そこで、彼らを救ったのがインディアンです。

先住民は白人に食料を贈るとともに食料の作り方も

教えました。

同時期、北米原産の七面鳥も贈ったので白人は

生き延びることが出来たと言われているのです。

翌年、教えられたとおり栽培したトウモロコシや

南瓜を収穫したとき、

白人は恩人の先住民を招待し収穫を神に感謝する祭りを

行いました。

それ以来、七面鳥はお祝いの席に欠かせない肉に

なったのです。

この習慣がヨーロッパへ伝わり、クリスマスのメニュー

として定着して世界に広まったと言われているようです。

■日本ではどうしてチキンなの?

 

Sponsored Link

アメリカでは七面鳥ですが、日本で七面鳥って

売っているの見ますか?

食べたことありますか?

私は、多分ないと思います。

そう、あまり流通していないからです。

アメリカなどで七面鳥を食べる事は聞いていても

日本ではあまり手に入らない。

それで似たような鶏肉を食べ始めたと思われます。

■フライパンで簡単に香ばしいローストチキンを作る

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%91%e3%83%b3%e3%81%a7%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%81%e3%82%ad%e3%83%b31

引用元:http://tabizine.jp/

 

[材料(2人分)]

・骨付き鶏もも肉:2本

・砂糖A:大さじ2.5~3(お好みで変えてください)

・みりんA:50cc

・醤油A:50cc

・油:適量

[作り方]

①鶏肉は、なるべく約30分前くらいに冷蔵庫から

出しておく。

②あらかじめボールやトレイに、(たれの材料A)を

あわせて混ぜておく。

③フライパンか厚手の鍋に油を適量入れ、白い煙が出る

寸前まで中火~強火で熱する。

(油は少なめで大丈夫です)

③骨付き鶏もも肉を皮目を下にして、フライパンに

並べ強めの弱火で焼く。

④③に蓋をして7~10分蒸し焼きにする。

(鶏肉の大きさなどで加減してください)

⑤皮目に焼き色がついたらひっくり返す。

⑥⑤に蓋をして3~5分蒸し焼きにする。

(火加減は少し弱くしてください)

⑦蓋を開けて油が多くて気になる人は

キッチンペーパーなどで吸い取り

①をサッと入れる。

(火加減を弱めの中火にします)

⑧時々ひっくり返し両面に味を染み込ませ、

タレを焦げないように煮詰める。

⑨キレイに焼ければ出来上がり!

引用元:http://cookpad.com/

先にアルミホイルを巻いたりリボンをつければ

より一層パーティー向きになりますよね。

■まとめ

 

私は骨付きが面倒なので、普通のもも肉で

照り焼きにしてしまいますが、作り方としては

同じ感じですね。

とっても香ばしくて甘じょっぱい香りが食欲を

そそりますよ。

普段の夕飯のメニューにもおススメです。

特別な日には骨付きの方が雰囲気がでますよね。

骨付きで作った時、やっぱり子供達は喜んで

いましたよ。

一度試してみてください。

Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す