母の日にカーネーションを送る意味は?バニラの香りがするバンビーノとは?


 

 

Sponsored Link

 

こんにちは!

管理人のえっこです。

 

皆さん、母の日のプレゼントは

決まりましたか?

母の日のプレゼントで一番に

思いつくのが

「カーネーション」

ではないのでしょうか?

 

今はカーネーションといっても

色々とあるんですね!

中でも

バニラの香りがするカーネーション

があるらしいので調べてみました。

 

 

カーネーションとは?

カーネーション1

引用元:pocketalbum.xyz/

 

日本では江戸時代初期に輸入

されました。

 

半耐寒性の秋まき一年草。

9月に種をまくと翌年の5月~6月に

かけて開花する。

 

世界の母の日はいつ?

 

Sponsored Link

 

日本での母の日は、

毎年5月の第2日曜日です。

 

母の日の発祥と言われているアメリカも

同じ日です。

 

他にオーストリア、カナダ、香港、

台湾、オーストラリア、ドイツ、

イタリア、南アフリカ共和国、

シンガポール、ニュージーランド、

ペルー、フィリピン、ベルギー、

ブラジル、チリ、コロンビア、

キューバ、デンマーク、エクアドル、

プエルトリコ、スイス、チェコ、

リヒテンシュタイン、ウルグアイ、

中国、ウクライナ、マレーシア、

ボツワナなども

同じ5月の第2日曜です。

 

他の国でも母の日はあるようですが、国によって

日付はさまざまです。

 

どうして母に日にカーネーションを送るの?

 

ある女性(アン・ジャービス)が

負傷兵の衛生状態を改善する

「マザーズデー・ウォーク・クラブ」

を立ち上げ、敵兵のケアも献身的に

行っていたとされています。

 

アンが亡くなった2年後の1907年

5月12日に、娘のアンナは亡き母を

記念会を教会で行い、母が好きだった

白いカーネーションを贈りました。

 

アンナの母への想いに感動した人々は、

1908年5月10日に協会に約500人の

アンナの母の教え子や母親が集まり

母の日を祝った。

 

これが「母の日」の起源と言われており、

アンナの行動によって

白いカーネーションが母の日のシンボルと

認識されるようになりました。

 

日本では1913年(大正2年)当時、

青山学院の礼拝で行われたイベント

によって人々の間に広まったと

伝えられています。

 

カーネーションの花言葉は色で違う?

 

カーネーション(Carnation)全般の花言葉は、

 

「無垢で深い愛」

 

 

【白色】

母の日が始まったきっかけになった

白のカーネーション。

 

「純粋な愛」「私の愛は生きています」

 

【赤色】

 

「母への愛」「愛を信じる」「熱烈な愛」

 

【ピンク】

 

「熱愛」「感謝」「美しいしぐさ」

 

【紫色】

 

「誇り」「気品」

 

【黄色】

 

「嫉妬」「軽蔑」「拒否」「友情」

*花としてはキレイですが贈り物としては注意が必要です!

 

カーネーション バンビーノとは?

 

開花する際に、

ほのかなバニラの香り

発するカーネーションです。

 

カーネーションの本来の香りに

加え、また違った香りも楽しめる

珍しいカーネーション。

 

咲き始めは優しいピンク。

徐々に白色の花に変化する、

2色咲です。

 

一鉢で色のグラデーションが

楽しめていいですね!

 

バンビーノの口コミは?

 

ツボミが濃いピンク色で開くに

従って色が薄くなるのがとても

綺麗ね!

と大変喜んでもらえました。

 

華奢なんだろうとあまり期待して

いなかったのですが、しっかりと

した株でした。

咲いてる花と蕾も半々くらいで、

今でもまだ少しお花が残っています。

カーネーションは香りが楽しめない

ものだと思っていましたが、この

品種はとても甘いいい香りがして、

母も喜んでいて私も嬉しかったです。

 

母の日のプレゼントです。

お花は小さめですがボリュームがあり

かわいかったです。

母は香りにすぐ気づき、面白いと

喜んでいました。

引用元:review.rakuten.co.jp/

 

まとめ

 

 

 

カーネーション本来の香りと

バニラの香りまでするなんて

いいですね!

 

色も2色楽しめるし、ピンクの

花言葉なら母の日にもあいますし

お母さんも喜んでくれるのでは

ないのでしょうか?

参考になれば嬉しいです(#^^#)

 

Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す