臭い虫(カメムシ)はどうして臭う?強烈な臭いを取り去る方法は?


 

Sponsored Link

こんにちは!

管理人のえっこです。

 

突然ですがみなさん、

「カメムシ」

って知ってますか?

 

触ったり、潰したりすると

とんでもない悪臭を放つ

あの臭い虫の事です。

 

一度この臭いが付くと

なかなか取れませんよね?

 

ずーっと鼻に残るし

くさ過ぎて頭が痛くなってくるし・・・。

 

我が家は田舎なので結構出没します。

 

以前、洗濯物の靴下の中に紛れ込んでいるのを

知らない間に履いてしまい

 

「プチっ!」

 

えっこ
ギャーあああああああ△%◎※!!

 

 

って大騒ぎ!

 

もう臭いのなんのって!!

 

洗っても洗っても

臭い取れないし・・・

 

あの時は泣きました( ;∀;)

 

えっこ
カメムシのバカ・・・。

 

 

でも、世の中にはもっと悲惨な人がいます。

 

 

 

友達のお父さんです。

 

それは楽しい楽しい夕食のひと時。

おいしいサラダを食べていたさなか、

「ガジっ!」

明らかに、野菜とは違う歯ごたえが・・・

 

そうです!

サラダの中にカメムシが潜んでいたのです。

 

えっこ
……………

 

 

どうなったかは

だいたい想像がつきますよね!

 

大パニックです!!!

 

想像するだけで恐ろしいですね!

 

私の足の裏なんて・・・

口の中に比べれば、全然ましですね(笑)

 

しかし私はこのカメムシが嫌いです。

 

本当に大嫌いです!(笑)

 

出来ればいなくなってほしいですが・・・

 

まあ、それは無理ですので、

せめてあのくさい臭いを簡単に取り去る

方法はないのでしょうか?

 

という事で今回は

このカメムシについて

取り上げてみたいと思います。

 

カメムシはなぜ臭いの?

 

そもそもこのカメムシ・・・・

何でこんなに臭いのでしょうか?

 

実は、常に臭い訳ではありません!

 

 

では、どんな時に臭うのでしょうか?

 

大きく分けると以下の3つの理由になります。

 

  • ① 外敵に対し、防御としての作用
  • ② 仲間に対する警告として作用(濃い臭い)
    (警報フェロモンとして逃避行動を引き起こすように作用)
  • ③ 集合フェロモンとして作用(薄い臭い)
    (仲間に集合を促す機能)

 

 

何となく

「外敵に対し自分の身を守る為」

なのかな~って思う所ですが、

 

仲間に対する

「警告」や「集合」なんていう

意味もあったんですね!

 

全然知りませんでした!!

 

カメムシの臭いはどこから出てるの?

 

お尻からオナラのように

くさーい臭い物質(気体)が出る・・・

 

そんなイメージでしたが

 

違いました!

 

実は、両側の前足の付け根に

 

「臭腺開口部(しゅうせんかいこうぶ)」

 

と呼ばれる穴を持っていて

そこから油性の液体を出すそうです。

 

液体だったんですね!

これがあのクサイクサイ臭いの元になるそうです。

 

そういえば茶色っぽいシミがついた様な・・・

 

うっ!

 

想像しただけで オエってなります・・。

 

こちらの「臭腺開口部」の

写真を載せようかと思いましたが、

ビュジュアル的にグロ過ぎて

無理でした!(笑)

 

カメムシの臭いの正体は?

 

さてさて、気になる

こちらの臭いの正体ですが、

 

トランス-2-ヘキサノール

(trans-2-Hexenal)

 

になります。

 

えっこ
なにそれ?

 

 

よく分かりませんね・・・。

 

別名「青葉アルデヒド」 

というそうです。

 

これはキュウリやトマト、茶葉なんかにも

含まれており、

草や葉っぱの青臭い匂いもこれにあたります。

 

特にキュウリに多く含まれていて、

カメムシの臭いを

「キュウリの腐った臭い」

と例えられる事があります。

 

他にも「パクチー」に多く含まれ、

パクチーの和名は「カメムシ草」

だそうです。

 

えっこ
何だか食欲なくす…

 

引用元:写真AC

 

個人的に、パクチーとカメムシ臭は

イコールに感じませんが・・・

 

確かにパクチーも独特な香りで、

好き嫌いが分かれますよね…

 

カメムシ自身は自分の臭いに平気なの?

 

Sponsored Link

 

これはテレビ番組(トリビアの泉)で

紹介していましたね。

 

カメムシを狭い容器に入れ、

そこに天敵である「カマキリ」

を入れフタをする・・・。

 

すぐにカマキリが襲い掛かるも

カメムシが臭いを放出すると

戦意喪失。

 

危機を回避します。

 

ところが・・・・

このカメムシ、自分の臭いで失神

してしまいました!(笑)

 

アルデヒドという毒が体に回る事で

機能が麻痺してしまい、

カメムシ自身も失神してしまったのです。

 

失神した後、ふたを開けてあげると

何もなかった様に元気な姿を取り戻しますが、

ふたを閉じたままにしておくと

死んでしまいます。

 

また、複数のカメムシを狭い容器に入れ、

同じようにふたをします。

 

この中の1匹が臭いを放つと、

パニックです!(笑)

 

他のカメムシも連鎖的に臭いを放出してしまい、

全員失神してしまいます(笑)

 

なかなか面白いですね!

 

あのスズメバチでさえ、

カメムシの臭いで失神してしまう程です。

 

 

猫もうかつに手を出すと

後悔する事になります・・・(笑)

 

 

やっぱり、カメムシの臭いは

凄いですね!!

 

カメムシの臭いを消す方法は?

 

知らない間にカメムシに触ってしまい、

あの臭いがついてしまったらどうするか?・・・

 

 

いきなり石鹸で洗ってもあの臭いは落ちません。

 

彼らが「臭腺開口部」から出す液体は

「油性」です。

 

油性という事は、水に溶けず油に溶ける訳です。

 

したがってまずは、サラダ油やオリーブ油など、

台所にある食用油を使ってクレンジングして

臭いの元を浮かせます。

 

その後、油を落とす

「食器用洗剤」で洗い流せば

すっかり臭いが取れます!

 

カメムシを駆除する方法は?

 

カメムシが家の中や、洗濯物に出現した場合は

どう対処すればいいのでしょうか?

 

 

中には、テントウムシの様に

小さくて丸くて一見かわいい

「マルカメムシ」

という種類もいます。

 

間違っても、ティッシュや新聞紙を使ってギュッとつまんだり、叩いたりしないで下さい!

 

 

 

パニックになります(笑)

 

 

ではどうすればいいのでしょうか?

 

えっこ
おすすめはこちら!

 

「瞬間凍殺ジェット」

 

マイナス85度の瞬間冷却で

瞬間に駆除するスプレーです。

 

気になる方はこちら↓

フマキラー/瞬間凍殺ジェット 300ml

 

カメムシが臭いの液体を出す前に

やっつけてしまいます。

 

  • カメムシ
  • ムカデ
  • ヤスデ
  • クモ
  • アリ

 

など這う虫に使えます。

 

殺虫剤は不使用で、処理面もベタ付かず

汚れないので、

虫が嫌いな人にはもってこいかもしれませんね!

 

 

他には、洗濯物や布団につくカメムシを

撃退するスプレーがこちら、

「カメムシコロリ」

名前がいいですね!

 

そのまんま!(笑)

 

これも殺虫成分は含まれていません。

 

速効性で、カメムシが臭いニオイを出す前に撃退できます!

 

  • マルカメムシ
  • スコットカメムシ
  • クサギカメムシ
  • アオクサカメムシなどなど・・・。

 

 

えっこ
何だかいっぱいカメムシ…(笑)

 

 

ただし、屋外専用となっているので気をつけて下さい。

 

気になる方はこちら↓

カメムシ駆除 カメムシコロリ 300ml 超速効性スプレー アース製薬

 

後は「ガムテープ」

を使用する方法があります。

 

やり方は簡単!

 

ただし、勇気がいります!(笑)

 

カメムシの背中にそっ~とガムテープを

触れさせ、ピタっと引っ付けます。

 

あくまでも優しくですよ!

 

旦那
足をバタバタさせますが、この方法で臭いを出した事はないよ!

 

 

これくらいなら意外と大丈夫です。

 

その状態から、カメムシを包み込む様にして

ガムテープの端の方(粘着面同士)を

くっつけていき、密閉しちゃいます。

 

後はゴミ箱にポイッ!

 

ちなみに私はカメムシに近寄ることすら出来ないので

旦那に頼んでやってもらいます(笑)

 

勇気がある方は試してみてください!

 

誰もいなくて

家の中でカメムシに遭遇した場合は、

やっぱり冷殺スプレーが一番ですね!

 

まとめ

 

 

 

 

くさーい虫、カメムシ。

 

不覚にも臭いがついてしまった場合は

 

1.食用油で擦って臭いの元を浮かせる

 

2.食器用洗剤で洗い流す・・・

 

これが一番です!

ぜひ試して下さい。

 

Sponsored Link

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す