鼻づまりで匂いわからない解消方法は?原因は副鼻腔炎と蓄膿症で違いは?

%e9%bc%bb%e3%81%a5%e3%81%be%e3%82%8a1

 

Sponsored Link

こんにちは!

管理人のえっこです。

ここ最近急に寒くなり始め、体調を崩す人も多くなって

きたようですね。

みなさんは大丈夫でしょうか?

私自身もこれで3年目、同じ時期に同じ症状で悩まされて

いるのでアレルギー症状だと思われます。

鼻づまりで眠れないにおいがわかりづらいツライ思いを

させれています。

鼻づまりは「においがしない」「呼吸がしづらい」「眠れない」

「頭痛がする」など色々な不快な症状につながります。

どうしたら少しでも楽になるのか?

そんな思いから色々と調べてみました。

鼻づまりの原因は?

%e9%bc%bb%e3%82%92%e3%81%a4%e3%81%be%e3%82%80%e5%a5%b3%e6%80%a72

引用元:osouji-house.net/

 

鼻がつまって苦しい、においがしない、眠れないなんて

経験は誰でも一度くらいはした事があるのではないでしょうか?

年中アレルギーの症状で苦しんでいる人もいますし、寒くなって

きた秋から春にかけて風邪などのウイルスでツライ思いをしている

人いますね。

実際に家の次男はアレルギーが色々とあって、年中と言っていいほど、

鼻水、鼻づまりに悩まされ薬とお友達です…。

鼻は、もともと匂いを感知したりウイルスなどを吸い込んだ時に、

異常があると反射的に鼻水やくしゃみなどの防御反応が働くように

できています。

それ以上吸い込むと、今度はもうこれ以上外敵を入れないように、

鼻が詰まってきます。

副鼻腔炎と蓄膿症の違いは?

 

Sponsored Link

●急性副鼻腔炎

風邪をひいたときの細菌などが副鼻腔内や粘膜に感染し

急に鼻詰まりを起こします。

風邪の時ばかりではなく花粉症などのアレルギー性鼻炎や

過労、ストレス等による疲労などで体の抵抗力が低下して

いる時にかかりやすいと思われます。

●慢性副鼻腔炎=蓄膿症

慢性副鼻腔炎と言われているものと蓄膿症とは言い方が違う

だけで同じものです。

炎症を起したら粘膜が腫れますよね。

鼻の鼻腔と副鼻腔との間が狭くなり副鼻腔内に空気の循環が

悪くなってしまうことによって鼻詰まりを起こしている病気の

ことをいいます。

両側の鼻づまりや頭が一層重く感じるのが特徴と言えます。

黄色くどろっとした鼻水が出続ける他に鼻の奥の嫌な臭いを

感じることがあります。

慢性副鼻腔炎は必ず急性副鼻腔炎から始まっているので

急性副鼻腔炎のうちに治療をきちんとすれば悪化せず、

蓄膿症になる危険性を防ぐことができるというわけです。

このように、副鼻腔炎と蓄膿症の違いとしては

急性であるか慢性であるかということです。

鼻づまりでにおいがわからない

 

鼻づまりが続いて、においがわからなくなる事があります。

副鼻腔炎が長期に及ぶと、においを感じる粘膜や神経が

障害され一生治らなくなることもあるので注意が必要です。

においがわからなくなると、味もわからない味覚障害の

症状が出る事があります。

 

鼻づまりの解消法は?

 

●おでこから鼻をあたためる

温かいお湯で温めたタオルを鼻にあてるのが一番いいかも

しれませんが、それが難しければカイロをハンカチなどで

包んで鼻にあてても大丈夫です。

マスクをして自分の呼吸で温まるだけでも違います。

何もなければ手でおでこから鼻を覆い温めるだけでも

効果があります。

血流がよくなり鼻づまりが解消されます。

温かいお茶などやお風呂の蒸気でも鼻が通るようになり

ますよね。

●ペットボトルを脇にはさむ

それだけ?と思うかもしれませんが、それだけです(笑)

鼻がつまっているのと逆の脇に500mlのペットボトルを

はさみます。

右側がつまっているなら左脇に、左側がつまっているなら

右側です。

両方がつまっている場合は、両方の脇にペットボトルを

挟むことになります。

体の側面を圧迫することになり、その反対側の交感神経が

刺激され、発汗が促され鼻づまりが解消されるようです。

そんな都合よくいつも持ってないよ!なんて時は、

自分の手で拳を作り挟んでも同じ効果が得られます。

%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%9c%e3%83%88%e3%83%ab1

引用元:01.gatag.net/

 

鼻づまりに効くツボを押す

%e9%bc%bb%e3%81%ae%e3%83%84%e3%83%9c1

引用元:http://777news.biz/

 

●睛明(せいめい)

鼻が通らなくて気持ち悪い時、目が疲れた時に自然と

みなさんが抑えてる事があるのではないでしょうか?

目頭のちょっと上の鼻の骨との間のくぼみ。

そこを指の腹でゆっくり押させえてみてください。

鼻水、鼻づまり、花粉症、いびき、鼻血、子どものひきつけ、

かんのむしなどにも効果があります。

●迎香(げいこう)

小鼻のすぐ脇のへこんだ辺りにあります。

晴明(せいめい)から、迎香(げいこう)まで鼻筋に

沿って刺激するのもいいです。

迎香は「鼻水・鼻づまり」「花粉症」など鼻の不調に

効果があります。

鼻通りがよくなると口呼吸が減るため「いびき」にも効果が

期待できます。

鼻の周りの血流をよくすることで顔の肌も整えてくれるため、

「シミ」「シワ」「たるみ」にも効果的だと言われています。

●鼻通(びつう)

迎香(げいこう)の少し上辺りのくぼんだ場所にあります。

睛明(せいめい)と迎香(げいこう)の間にあるので迎香から

晴明へ鼻をさする時に鼻通の上を刺激するようにするのが

いいと思われます。。

他にも手足などにもツボは色々あるようです。

とりあえず鼻づまりに1番効きそうな鼻回りのツボ押し

試してみてください!

まとめ

 

鼻づまりって本当に憂鬱ですよね。

息はできないから口呼吸になってしまい喉も痛くなって

しまったり口の中はパサパサ。

これでは口臭も気になりますよね…。

眠れないと頭痛も起きてしまいますし、頭もボーっと

して仕事にも勉強にも集中できないですよね。

においがしないと食べ物もおいしくないし。

今の私は鼻づまりでにおいがわかりづらく、味見をして

みてもはっきりとした味がわかないので困っています。

気がついた時にツボを押したり、鼻を温めたりして

少しずつ楽になるようになってきました。

何よりも眠れたのが嬉しいです。

風邪、インフルエンザ、アレルギーと色々な原因がありますが

副鼻腔炎も悪化すると治りにくくなってしまいます。

なるべく早く病院で治療をする事をおススメします。

みなさん体調に気をつけて冬を乗り越えましょうね。

Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す