ワキガと普通の汗の原因は違う?手術方法や種類は?

脇ニオイ1

Sponsored Link

こんにちは!

管理人のえっこです。

体臭とワキガの違いってあるんだろうか?

そもそもワキガって何だろう?

疑問に思ったので、今回はワキガを取り上げてみたいと思います。

 

どういうものをワキガというの?

 

普通の汗は「エクリン腺」というもので、全身に100個以上もある

小さな汗腺です。

エクリン腺から出る汗の99%は水分、残りの1%に塩分や尿素、

アンモニアが含まれます。

ほとんどが水分なのでニオイはほとんどありません。

ワキガと呼ばれている汗は、脇の下、陰部、耳の中、肛門、乳輪など

限られた場所に存在する「アポクリン腺」と言われる汗腺です。

アポクリン腺の汗は、白っぽい粘り気のある汗で、「脂質、たんぱく質、

糖質、アンモニア」などの成分が皮膚表面にある常在菌によって

分解される事で、鼻につくワキガ独特なツンッとしたような

ニオイを発生させます。

他に、服が黄ばむ、洗っても脇のニオイが取れないなどが

ワキガと呼ばれるものです。

ワキガの原因は?

Sponsored Link

 

主な原因のアポクリン腺の数は、ほんとんど遺伝で決まってしまいます。

親のどちらかがワキガ体質の場合、子供の半数はワキガ体質に

なってしまうようです。

ただアポクリン腺の数やアポクリン腺が活発に働くかどうかで、

ニオイの強さは変わってきます。

彼女のアソコが臭い原因はスソワキガ?どんな特徴があるの?

 

ワキガは治る?対策はどうするの?

 

残念ながら、手術で原因のアポクリン腺を除去する事以外で、

完治することは難しいようです…

でも、手術となると仕事や学校を休めない、費用の問題、

人に知られたくない等ありますよね?

ワキガの程度にもよりますが、対策方法はあります。

①制汗剤や汗を拭くウェットシートなどは、香りがついていると、

ワキガのニオイと混じって余計に嫌な臭いになってしまうので、

無香料を選びましょう。

制汗剤を使用前に、濡れたタオルなどで拭いてから使う事を

オススメします。

②ニオイをとろうとゴシゴシ洗ってしまいがちですが、

いい菌まで流してしまうので、ワキガによいと言われている、

ミョウバン石鹸や重層石鹸を上手に使って洗いましょう。

③動物性たんぱく質をおさえ、緑黄色野菜を心がける。

肉、揚げ物、たんぱく質(牛乳、バター、チーズ)などは

摂り過ぎるとワキガの原因となるアポクリン腺を刺激して

しまうので、なるべく控えましょう。

物性のたんぱく質(大豆)、野菜、果物を意識的に食事に

摂り入れる事がオススメです。

オススメの食べ物は…緑黄色野菜、梅干し、バナナ、大豆、昆布

などです。

昔ながらの和食をとれば、知らずに摂取できるような物では

ないでしょうか?

 

ワキガの手術方法や種類

 

軽度のワキガの方なら、対策や治療で何とかなるかもしれませんが、

重度の方ですと手術という選択になるのでしょうか?

手術と一言で言っても、色々な手術があるようです。

【直視下手術法】

①剪除法(せんじょほう)

脇の下を3~5cm切開して裏返し、アポクリン腺を目視で

一つずつ取り除いていく方法。

入院の必要はないですが、4日~7日傷口が落ち着くまで

圧迫ガーゼをあてて過ごす必要があります。

【非直視下手術法】

・皮下組織吸引法

脇の下に小さな穴を開けて、細い管を通してアポクリン腺や

エクリン腺、皮脂腺をかき出しながら吸引します。

剪除法よりも傷口も小さいので体への負担は少なく入院の必要も

ありませんが、完全な除去は難しくアポクリン腺の根の部分が

残っていると再発をしてしまう可能性があります。

・超音波吸引(治療)法

皮下組織吸引法をベースにした手術法で、先端に超音波を発生させ

熱でアポクリン腺を破壊しながら吸引していきます。

技術によっては火傷や合併症のリスクがあります。

・皮下組織削除法

カミソリの刃と皮膚を抑えるローラーを組み合わせた専用器具を

使って皮下組織ごと削り、アポクリン腺やエクリン腺を除去します。

傷口は小さくて高い効果を期待できますが、皮膚壊死のリスクがあり

回復にも時間がかかります。

 

まとめ

 

ワキガ体質になりたい人はいませんよね。

日本人は全世界的にみても、綺麗好き過ぎるくらいな国だと

思います。

欧米では70~100%がワキガ体質とかなり高い割合で占めていますが、

日本は10%程度と言われています。

ほとんどの人といっても過言ではない訪米の人よりも、少数派の日本人

だからこそ悩みは深いのかもしれません。

ですが、10%というと、10人に1人はワキガ体質で悩んでいる人がいる。

そう思うと、自分だけではないんだと思えませんか?

どんな手術でもそうですが、手術にはリスクも伴うので、まずは

1人で悩まず衛生的にしたり食生活、生活習慣を見直し、生活改善を

して対策をしてみてはいかがでしょうか?

それでも…という方は、よく調べていいお医者さんと出会えると

いいですね。
Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す