精油のおススメのブレンド方法は?使い方や扱い方の注意の仕方は?

アロマオイル4
  • Sponsored Link

こんにちは!

管理人のえっこです。

 

アロマテラピーの精油をブレンドと言われても、イマイチ

どう組み合わせたらいいのかわかりませんよね?

自分の好みでいいとは思いますが、コツがわかればより

楽しむ事ができます。

今回は、精油のおススメのブレンド方法や使い方や

扱い方の注意方法を紹介したいと思います。

 

おススメのブレンド法は?

 

アロマテラピーの効果は、精油をブレンドする事で、

より発揮されるといわれています。

ブレンドのコツは香りのタイプを知り、相性のいい

相手を探すことです。

 

1.まずは同じ系統内で組み合わせてみましょう。

原材料に使う植物の科目が同じものが多いので、

愛称は抜群。

 

柑橘系ならレモンとグレープフルーツのブレンド。

フローラル系ならラベンダーやゼラニウムなど、

まずは1本好きなオイルを見つけて、同じ系統の

中からもう一つをブレンドしてみましょう。

 

 

精油の正しい買い方や選び方は?香りは7種類ある?

 

2.相性のいいグループ同市の精油を組み合わせる

 

①ハーブ系と②柑橘系

 

②柑橘系と③フローラル系

 

③フローラル系と④オリエンタル系

 

④オリエンタル系と⑦樹脂系

 

⑦樹脂系と⑥スパイス系

 

⑥スパイス系と⑤樹木系

 

⑤樹木系と①ハーブ系

 

上記のように、相性のいいグループがあります。

フローラル系のローズにはオリエンタル系のサンダルウッド、

樹木系のティートリーにはハーブ系のクラリセージなど

相性のいいグループから選んでブレンドすると、

新鮮でも馴染みやすい香りが作れます。

 

すでに精油を持っている場合は、相性のいいグループの

中から購入するといいでしょう。

 

香りの揮発速度(ノート)とは?

 

Sponsored Link

 

精油はそれぞれ揮発する速度(ノート)が違います。

ノートの違う精油をブレンドすると、香りを長持ちし、

時間で変化する香りを楽しむ事ができ、バランスも

よくなります。

 

トップノート

ブレンドした時に、まず最初にたつ香り。

揮発が速い成分が含まれています。

代表的なものは柑橘系の香りです。

 

ミドルノート

揮発速度あらわれるが中程度のもの。

ブレンドした場合はトップノートに続いてあらわれる香りで、

ミドルノートによって香り全体の印象が決まります。

 

ベースノート

時間が経つとほのかに香り、数時間以上も持続する香り。

揮発速度が速い成分にブレンドした場合は、香りを

長持ちさせる効果があります。

 

 

正しい精油の扱い方は?

 

●精油を扱う前には

 

・必ず手を洗いましょう

精油を扱う前は、手を清潔にしておきましょう。

特に精油をぶれんどして作ったオイルでマッサージを

する時は、精油の成分をきちんと取り入れるためにも

手を清潔にすることが大切になります。

 

・ビンは丁寧に扱いましょう

精油は基本的に薄めて使います。

精油が直接手につかないように、ゆっくり

取り扱います。

清潔を保つため、ドロッパー(注ぎ口)には

触れないようにしましょう。

 

正しい精油の使い方は?

アロマ1

引用元:s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

 

●精油を使うとき

 

・肌に使うときは必ず薄める

精油は天然生物といっても有効成分が凝縮されて

いるので、直接原液を肌に使うには刺激が

強すぎます。

必ず薄めて使用しましょう。

 

精油を薄める割合は、種類にもよりますが

1%以下(1滴の精油約0.05mlに対して

5mlのベースオイル(植物油)で薄めます。

 

敏感肌の方や顔に使用する場合は、

0.5%以下にします。

 

・妊産婦や持病を持つ人の使用は要注意!

妊娠中の人や、現在医師にかかっている人は

自分で判断せず必ず医師に相談しましょう!

 

・3歳以下の乳幼児に使わない

ベビーマッサージなどありますが、精油は使用しません。

4歳~12歳以下の子どもに使う場合は、大人の

半量以下にし、必ずパッチテストをしてから使用

して下さい。

 

・精油は飲まないこと

海外では専門家の指導で内服療法を行う場合が

あるようです。

これは例外な方法で、大変危険なので

飲んではいけません。

 

●パッチテストを行う

精油は天然成分なので科学合成物質よりは

アレルギーが起こりにくいと言われています。

ただし起こらないという訳ではないので

注意が必要です。

 

体質や精油の種類によっては、皮膚刺激を

受ける場合があるので、肌につける前に

必ずパッチテストを行ってください。

 

*腕の内側に1%以下に薄めた精油を塗り、

30分後に肌の状態をみます。

赤くなってしまったり痒くなって膨らんだり

するとアレルギーの可能性があります。

念のため、薄めるために加える

ベースオイルもテストしておきましょう。

 

・光毒性の精油に注意

パッチテストでOKでも、精油の中には

光毒性(光刺激=紫外線刺激でアレルギー

を起こすもの)があります。

 

ベルガモットやレモンなど柑橘系に精油には

光毒性があります。

肌につけた直後に日光に当たるとシミができたり

赤くはれる場合もあるので注意しましょう。

 

正しい精油の保存方法や保存期間は?

 

・遮光性のガラスびんで立てて保存します。

精油は日光、温度、湿度、酸素などの影響を

うけやすく、デリケートな物質です。

精油は遮光性のガラスビンでうられているので、

そのまま保存します。

精油を使って作ったマッサージオイルなども

遮光性のガラスビンに入れて保存しましょう。

保存場所は、香りや色の品質が落ちないように、

直射日光を避け風通しのいい冷暗所が最適です。

特に湿気や火気は避けます!

空気に触れると劣化しやすいのでフタはしっかりと

閉めます。

 

・精油の保存期間は未開封で製造後5年、

 開封後は約1年が目安になります。

 

ただし柑橘系の精油は半年くらいと短め。

必ずパッケージやラベルに書かれている品質保持期間を

確認しましょう。

 

品質が保たれているのか分からない場合は、

ティッシュなどに精油を1滴落とし、色や香りを

確かめ、おかしいと感じた場合は使用を

しないようにします。

 

引用元:いちばん最初のアロマテラピー

まとめ

精油の扱い方に慣れてくるとブレンドして

楽しむ事ができますよね。

相性のいい悪いを知っていると、もっと

楽しむ事ができます。

保存方法や使用方法を正しくして、

自分なりの好みの香りを作ってみては

いかがでしょうか?

【こちらの記事もどうぞ】

アロマテラピーって何?香りの働くメカニズムとは?

アロマテラピーで使う精油とは何?芳香植物からの抽出方法は3種類?

Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す